ロッテリアの支払い方法やお得情報(電子マネー・ポイント・クレジットなど)

この記事では、ロッテリアの電子マネー・クレジットカード対応状況などを中心にお得情報をお伝えしています。

ロッテリアはロッテグループのファーストフード事業として1972年に誕生しました。

国内では400店舗近く展開しており、ボリューミーなオリジナルハンバーガーで人気を集めています。

創業当初は大ヒットメニュー「イタリアンホットサンド」で一世を風靡しました。現在でも復活してほしいメニューのナンバーワンに挙げられています。

糖分控えめのオリジナルバンズや酒種バンズを使っており、独自のこだわりを持った個性的なハンバーガーを次々に開発しています。

アニメ作品とのタイアップが多いことでも知られており、これまで『デジタルモンスター』『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』『劇場版 マクロスF』『映画 けいおん!』『魔法少女まどか☆マギカ』『僕は友達が少ない』などとのコラボ企画が行われてきました。

IMG_3025

スポンサーリンク

 


電子マネー

一部店舗でiD、nanaco、楽天Edy、WAONが使えます。
また、交通系電子マネーが使える店舗もあります。

店舗によって使える電子マネーが異なるため、利用の際には公式サイト等で事前に確認しておくことをお勧めします。

≪店舗名での検索が可能な電子マネーのサイト≫

→『iD』が使えるお店検索(公式)

id-search

→『nanaco』が使えるお店検索(公式)

nanaco-search

→『楽天Edy』が使えるお店検索(公式)

edy-search

→『WAON』が使えるお店検索(公式)

waon-search

共通ポイント

Tポイントが利用できます。

全店舗で利用できます。Tカードの発行は行っていません。

→Tポイント公式

クレジットカード

原則として利用できません。

一部店舗では使えるようです。

独自プリペイド・ポイントカード

ありません。

専用スマホアプリ

公式アプリやモバイルサイトがあります。

公式アプリやモバイルサイトではお得なクーポン情報などが配信されています。

lotteria_app

クーポンその他

”ロッテリアの日”などのキャンペーンがあります。

毎月10日、20日、30日の”ロッテリアの日”には「ポテト全品半額」や「シェーキ半額」などのキャンペーンが実施されます。また公式サイトで50円~100円引きのクーポンが配布されています。

29日の「肉の日」に合わせてタワーチーズバーガー(10段)をキャンペーン価格で販売したこともありました。

なお、自治体の発行している子育て支援カードやJAF会員証などの「協賛カード」を提示すると割引になる店舗があります。

→割引協賛カード(公式)

QRコード決済

QRコード決済は導入されていません。

電子マネーが使える店舗では、Apple Pay(Suica,iD,QUICPay)とGoogle Pay(Suica,楽天Edy,iD,QUICPay)、それにメルペイのiD払いはできるかもしれません。

まとめ

電子マネーが使える店舗であれば、クレジットチャージした電子マネーで決まりです。

また、Tポイントが使えることを有効に利用する手もあります。

スポンサーリンク