マクドナルドの支払い方法やお得情報(電子マネー・ポイント・クレジットなど)

この記事では、日本マクドナルドの電子マネー・クレジットカード対応状況などを中心にお得情報をお伝えしています。

庶民的なファーストフード店として、そのステイタスを確立したマクドナルド。2017年にはスマホゲーム「ポケモンGO」のスポンサー店となったことで、より集客性が高まりました。

価格の安さやキャンペーン・クーポンの多さ、そして魅力的なキッズメニューの景品など、ファンの心をつかんで離さないマクドナルド。近年では新メニュー開発にも力を入れており、ハンバーガーやデザートなどのバリエーションも広がっています。

マクドナルドの電子マネー・クレジットカード事情についてまとめました。ご参考までに。

スポンサーリンク

 


電子マネー

楽天Edy、WAON、iD、nanaco、QUICPayの他、交通系電子マネーが利用できます。電子マネーの導入は、ファーストフード業界では最も進んでいます。

→マクドナルドの支払い方法(公式)

店舗によって支払い方法が異なる可能性もあります。利用の際には前もって確認をしておくことをお勧めします。電子マネーによっては、公式サイトで確認することも可能です。

店舗名での検索が可能な電子マネーのサイト

→『iD』が使えるお店検索(公式)

id-search

→『nanaco』が使えるお店検索(公式)

nanaco-search

→『楽天Edy』が使えるお店検索(公式)

edy-search

→『WAON』が使えるお店検索(公式)

waon-search

共通ポイント

楽天ポイントとdポイントが使えます。

→ポイントサービス(マクドナルド公式)

クレジットカード

2017年11月より、全国の店舗で「Visa」「Mastercard」「JCB」「JCB PREMO」「ダイナース」「ディスカバー」「アメリカン・エキスプレス」が使えるようになりました。

 2018年3月より、全国の店舗でクレジットカードによるコンタクトレス決済が導入されました。

コンタクトレス対応のクレジットカード(「Visa payWave」「Mastercard コンタクトレス」「J/Speedy」「American Express Contactless」)の場合、レジのNFC読み取り端末にカードをかざすだけで支払いが完了します。

さらに、カードによってはiPhoneのApple Payに登録することにより、Apple Pay経由でのコンタクトレス決済が可能になります。

→マクドナルドの支払い方法(公式)

QR決済

ありません。

独自プリペイドカード

ありません。

専用スマホアプリ

マクドナルド公式のアプリがあります。Rポイントやdポイントとも連携しており、お得なクーポンも入手できます。

クーポンその他

公式アプリ等から不定期に入手できるクーポンがあります。

まとめ

電子マネーの導入を積極的に進めてきたマクドナルドは、2017年にクレジットカード決済にも対応したことで完全キャッシュレス化したといえます。

電子マネー&クレジットカードユーザーにとって、ますます使い勝手のいいショップとなりました。

マクドナルドでの支払いは、還元率の高いクレジットカードを使って支払いをするとお得です。
スポンサーリンク